アスベスト対策工事・ダイオキシン類除染工事

アスベスト対策工事 その1

吹き付け耐火材など  (負圧システム工法)

吹き付けアスベストは、昭和29年後半から昭和49年ごろまでの間、耐熱・耐火性、防音性、絶縁性などの性能を向上させるため採用され施工されていました。
しかし、そのアスベストが老朽化した際に、目には見えない微細な繊維質を長期的に吸引していると肺ガンや中皮腫の原因となり健康被害が発生することが科学的に証明されはじめ、現在では世界中でアスベストの使用は規制・または禁止されています。

近年、建築物の老朽化で改修・解体の工事が増え、それに伴い静かな時限爆弾とも呼ばれるアスベストの飛散という危険性が社会問題として大きくクローズアップされています。当社は、アスベスト工事の専門工事業者として、安全に処理を行うとともに各種仕上げ材料で修復する環境改善工事も行っています。

♦除去工法♦
飛散防止の環境を整えつつ、アスベストを含む建材を完全に除去してしまう方法です。

♦封じ込め工法♦
アスベストが外部へ漏れ出さないよう固化剤を吹き付ける事で表面に塗膜を作り封じ込めてしまう方法です。

♦囲い込み工法♦
アスベストが外部へ漏れ出さないようぴったりとボード等で囲い込んでしまう方法です。

現場の状況に応じて最適なアスベスト対策プランをご提案し施工しております。 
「除去工法」工事以外にも「封じ込め工法」や「囲い込み工法」による工事も施工致します。

アスベスト対策工事 その2

建築用仕上塗材や下地調整材の除去  (各種工法に対応致します)

当社では未だに多数存在し問題視されている建築用仕上塗材に含有された建材を調査(採取・分析)及び現場に適したアスベストの除去処理工法を提案し工事計画書の届出から除去工事まで、安心の管理体制で安全確保を徹底し作業を行っております。

工事対象となる建材等:吹付石綿、ひる石吹付、塗装塗膜、下地調整塗材、パーライト吹付、耐火被覆板、断熱材、石綿含有保温材、スレート、石綿含有岩綿吸音板、Pタイル、ケイカル板1種、サイディング、石綿セメント板、他石綿含有建材など
※採取した建材の含有量分析は登録許可のある作業環境測定機関に依頼し、JIS A-1481-1 他による分析を行います。

集じん装置付き超高圧水洗工法 (100MPA以上)

※ 当社は ウォータークリーン工法の(株)マルホウ  施工取次店です。超高圧水洗工法についてお気軽にご相談ください。

集じん装置付き超高圧水洗工法 (100MPA以上)
ウォータークリーン工法
(バキューム&濾過システム等のプラント設置)
集じん装置付きディスクグラインダーケレン工法
剥離剤併用手工具ケレン工法
超音波ケレン工法
(超音波剥離マシーンにて)

ダイオキシン類除染工事

廃棄物処理施設焼却炉などを解体する場合、厚生労働省が定める要綱によりダイオキシン類の飛散・漏洩防止に努め作業環境及び周辺環境へ配慮した工事を行う必要があります。
当社はアスベスト除去で培ったノウハウを汚染物除去作業に活かして安全で安心できる作業に取り組んでいます。